花とヴァイオリン 1

2018.02.13 Tuesday

昨日は雪で作業ができず、

母を相手にケーキ教室を開いてました。

粉を測るのに1時間…間違ったから測りなおす といったり…

その間ヒマなので

私はライ麦パンを。

 

母が作った初めてのケーキ

 

大変おいしくできました花まる

 

私のライ麦パンは

思うように膨らまず…はてな

 

 

味はまあまあ

 

 

 

 

今日は午前中、大学へ機材をお借りしに。

『花とヴァイオリン』でご一緒します

ピアニストの浅野託矢さんと。

 

約束の時間までちょっとあったので

「冬のヤギはどうしてるのかな?」と思い ヤギ小屋まで。

『ヤギプロジェクト』と小屋も増築し立派になっていました。

 

もうどれが「もちたろう」で「アンコちゃん」か

わからないくらいおっきくなってます。

 

 

そしてそして…待ちに待った機材をお借りして

夕方からアトリエで実験しています。

 

 

こんなこともできる あんなこともできる

とワクワクがとまらず…

今日も眠れなそうです顔

 

 

浅野託矢さん

今日はお忙しいところ

ありがとうございました!

 

 

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE


『花とヴァイオリン』

2018.02.06 Tuesday

 

私がドイツで花屋の見習いをしていた時、

いつか挑戦したいと思っていたのが

植物と映像と踊りのパフォーマンスアートでした。

植物を背景に または身にまとって、

映像を音楽や踊りにあわせて即興で作っていく。

頭の中にはずっとあるけれど 

言葉で表現するのは難しく、

来月形にしたいと思います。

 

 

第1部に、仙台フィルのヴァイオリン奏者小池まどかさんとの花のコラボレーション

インターミッションでは、ピアニスト浅野託矢さんが即興演奏を、そして私がその場で映像をつくります。

音と映像のコラボレーションです。

第2部には再び小池まどかさんと花のパフォーマンス。

 

「みる」「きく」を深く感じる時間となれば幸いです。

 

 

 

2018年3月5日(月)

open 18:30

start 19:00

会場 ダ・ジェンナーロ

連絡先

info@achako.com

 

FBイベントページ

 

 

 

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE


花明かり

2018.02.05 Monday

 

先日 一足お先にお花見しました。

 

なーんて

お花見ができる空間をお店につくってきましたペコちゃん

 

飾り棚一面に満開の桜 


 

 

飾る期間が長いので

最初造花でサンプルを作ってみましたが

桜のイメージがでなくて…

程よく光を通す和紙を使うことにしました。

 

 

桜の花が満開で、夜でもあたりがほの明るく感じられること

花明かり といいます。

 

私が桜に想うイメージはまさにその 花明かりさくら

 

思い通りの仕上がりとなって

とても嬉しいです。

 

 

 

暖かいお部屋でお花見はいかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

ゆき道

2018.01.25 Thursday

今日は家からアトリエまで歩いて行きました。

ふんわりと降る雪がとてもここちよく

ゆっくり歩いて2時間くらいの道のり。

 

作品を作らなくてはならないけど

なかなか進まないなか

 

キーンと冷えたなかを歩いて

頭の中もすっきり

 

良い気分転換になりましたスマイル

 

 

 

夕方、車やさんが差し入れもってコーヒー飲みに来てくださいました。

「風邪ひいてないですか~」って

 

甘いものが苦手な私ですが

アーモンドチョコは好きなのですうふ

 

 

作業の合間にいただきます。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


祝 初八戸

2018.01.23 Tuesday

先週末、お仕事で八戸へ行ってきました。

初めての八戸でしたが、

あたたかい人たちに囲まれて おいしい海の幸をいただいて

もー帰るのが嫌になったくらい 笑

 

 

 

お手伝いくださったTさん、よっぱらいほやじと素敵な笑顔

 

仕事の写真が一枚もないとゆー

こんなブログもたまには良いかと。

 

 

 

またプライベートで行きたい八戸でした笑う

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし


今年もお世話になりました

2017.12.31 Sunday

たくさんの出会いがあった一年となりました。

作家さんや仲間たちと

新しいことにどんどんチャレンジできた年でした。

 

先日大阪へ行った際に

10年以上会っていなかった友人と再会し

2人でパワースポットめぐりしました。

Wakakoさん、3日間お付き合いしてくれてありがとう!

 

 

住吉大社の太鼓橋をわたって…

一生に一度のお願いをするという堀越神社へお参り。
歩いてて気になった居酒屋さんへ入る。
森田屋さん 大アタリ!
いっこうに冷めないたこ焼きを食べて
「山ちゃん」
おいしいうふ
次の日は「岩窟めぐり」
この神社へは平日バスがないので
40〜50分歩いて行きました。

岩の間を潜り抜けたり、よじ登ったり
30分くらい進むと鳥居が見えてきます。
40分かけて駅へ戻り
夜はレセプションへ。
今回の旅の目的は
堂島リバーフォーラムが主催する
『NUDE』がテーマのアートコンペでした。
私は堂島リバーフォーラム賞をいただき
12月18日〜25日の間展示していただきました。
館長がすらっとしたバイタリティあふれる女性で
「強く呼ばれた」とおっしゃって、
私の作品に命を与えてくださったことに 心から感謝しています。
めまぐるしく流れる時間の中で
大切なものを見極め判断していくことは難しくもあり
それでも自分を信じる力をくれる友人、作家に感謝。
ありがとうございます。
来年が皆様にとって良いお年となりますように。

働く人の話を聞く会

2017.12.25 Monday

先日、中学1年生の生徒さん達の前でお話しをさせていただきました。

突然電話でオファーがあった時は何を話せば良いのかな…?と困りましたが

後日「これから自分の人生(職業)を選択して生きていく生徒達へのメッセージ」であり

その中に 仕事の内容、働く喜びやつらさ、職業に就いたきっかけ

を含めてください とのことでしたので

ドイツへ行ったきっかけや、あちらでの生活、勉強、仕事など

お話ししてきました。

30分ほど話した後、生徒さんからの質問を受け付け

「お仕事でつらいことはなんですか?」とか

「日本とドイツの違いはなんですか?」とか

「年収は?」…などなど

そんな質問にこたえていきました。

 

ドイツにはいまだ、800年以上続く放浪修業をする職人さんがいます。

大工や鍛冶屋、家具職人が主ですが、

いろんな国を回ってマイスターがいるお店を自分で探し、売り込んで

OKが出ればそこで働くことが出来ます。

コールテンのパンツ、ベスト、ジャケット、帽子をかぶって、枝をついて

3年と1日放浪します。

その間実家の30匏内に踏み込んではいけないとか

持ち物が制限されたりとか
ずっと同じ服を着るとか
金のピアスの意味とか…

長い放浪の中で沢山の経験を積んでいきます。
 

 

職人になった後、スイスの恩師ニコルのもとで勉強ていた時
たくさんの雑用を一度に言いつけられるので
いかに効率よく、最小限の時間で成功させるか
とんちのような毎日でした。
そのような日々が私を強くしたのは言うまでもありません。
雑用を一所懸命やることは、ストレスに強くなり、脳が鍛えられると思うのです。
後日、生徒さん達が書いた感想文が送られてきました。
読んでいて思わず微笑んでしまうような。
 
素敵な学校生活をお送りくださいねハート

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:人生論


アドヴェント

2017.12.04 Monday

今年のアドヴェントは12月3日

2017年のクリスマスが近づいてきました。

 

今年のリースはりんごいっぱいのリース。

 

本物の姫リンゴを使っているので

ほのかに甘酸っぱいにおいが漂います。

天然素材のリース いかがですかスマイル

 

 

 

 

12月に入って

今年最後の大物制作に入りました。

どんな風に仕上がるのか、私も想像をふくらませるばかりです。

 

既に知っていることや技術をそのまま使うのではなく

いままで積み重ねてきたものを発展させて 新しいものを作り出す。

作品をつくるにあたり、そのように心がけています。

製作中は

『仕上がりはどうなるかわからない 良く見、良く感じ、信じるだけ』 

という集中した日々が続きます。

 

アートショップで見つけた、ムナーリの『芸術家とデザイナー』という本の帯に

「芸術家の夢は、美術館にたどり着くこと。デザイナーの夢は、市内のスーパーにたどり着くこと」

という一説があり

本当にあっさりと核心を言いのけてしまう人だなぁ とほれぼれ…

興味をもって買ったのだけど、なかなか読み進めないでいます。

 

まだ読み終わっていないからか

無意識のうちに考えているのか

この言葉が頭から離れません。

 

制作をしながらムナーリに思いを馳せて。。

 

 

今年をしめくくる 良い作品となりますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート、デザイン、日々 / Art, Design, LIFE

 

 

 


花とヴァイオリンのライブ

2017.11.07 Tuesday

 

4日に雄勝町で行われました

ワークショップと、花と音楽のライブ。

無事おわりました。

 

 

 

 

 

雄勝へは震災後、

東北工業大学の教授からのご依頼で

復興支援のための「ものづくり」で何度か訪れています。

今回ほぼ2年ぶりの訪問でした。

 

 

震災後初めての、7年ぶりの『おがつ文化祭』が開かれるということで

今回私たちもプログラムに入れていただきました。

 

壁の絵は雄勝小学校の生徒さん達の作品です。

 

今回ライブをご一緒した

ヴァイオリン奏者の 小池まどかさんは

演奏前に大川小学校を訪れたそうです。

「写真ではなく実際に見ると…ね。」と

言葉をつまらせていました。

 

今雄勝町には催しものができる建物が2棟しかなく

地元の皆さんとのやりとりでお忙しい中

私たちにライブの機会をくださった

雄勝まちづくり協会の方々に感謝します。

 

 

 

 

 

実は

このライブの前夜、

今年亡くなった恩師の夢を見ました。

子供のころ通ったご自宅のレッスン室の風景です。

柔らかな日差しが大きな窓から差し込み、

二重扉から先生が溌剌と入っていらっしゃる。

私のほかに2、3人の生徒さんが緊張した面持ちでソファに掛けていて

私はピアノの前に座っていました。

昔は緊張の上の緊張で「あー今すぐ具合悪くなって倒れてしまいたい」と何度か願ったものですが

夢の中では心地よく、ずっとピアノの前にすわっていたいほどでした。

 

こんな夢を見たのは初めてで、

 

小池さんの音楽を楽しみながら

 

花を生けることができました。

楽しかったーうふ

 

 

ワークショップもライブも暖かい空気の中無事おわり

会場いっぱい町内の方が集まってくださいました。

 

 

 

 

次回は仙台で。

来年1月か2月を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:花のある暮らし


のびをする女

2017.11.03 Friday

 

ここのところ何時間労働かわからない日々でした。

今日は、ポカポカ陽気と重なって

ほっとする時間を持つことができました。

 

 

 

8月に出展しておりました作品が

賞をいただきました。

堂島リバーアワード2017

 

真先に

この作品をつくるにあたってエネルギーをくださった方へご報告。

 

そして いつも励ましてくれる

困った時にはいつも駆けつけてくれる大切な友人へ。

 

 

この作品は私にとっていろいろな意味で特別なものでした。

 

 

 

タイトルを付けたときはがんじがらめになっていたのか

『 Armour 鎧』 と名付けましたが

今は

『のびをする女』に見えます。

 

今日の私みたい笑う

 

 

明日は雄勝町で

仙台フィルのヴァイオリン奏者、小池まどかさんとの花と音楽のライブです。

 

ちょっとのびをしたら

明日の用意をしますハート

 

 

 

 

 

 

 


| 1/45PAGES | >>

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.